スクリーンショット 2018-05-30 12.38.19

ヒカキン

ヒカキンの2018年の年収にダウンタウン&さんま驚愕!6億は嘘だった【最新】



ヒカキンの年収【最新2018年版】

スクリーンショット 2018-05-30 10.11.49

トップユーチューバーとして現在も君臨し続けているヒカキンですが、やはり皆さんが気になるのは彼の年収ですよね。

噂では3億〜6億なんて言われていますが、果たして実際はどうなのでしょうか。今回の記事ではそんなヒカキンの最新2018年の年収を推測(計算)していきたいと思います!

ちなみにヒカキン本人は自身の年収について「言えない」と語っています。(それは流石にそうか笑)

実際年収1000万円からは収入が増えた実感があまりなく、デジタルの数字がただ増えていく現実味のない気分だったようです。

 

ヒカキンの過去の話や、年収1000万時代のことについてこちらの記事で紹介されているので気になる方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

さてさて、ではヒカキンの年収についてご紹介していきましょう!

 

 

 

ヒカキンの年収が激減?

ヒカキンは去年一昨年あたりに、炎上による再生回数激減で年収(人気)も激減したと言われていました。

当時チャンネル登録者1位だったヒカキンも、はじめしゃちょーに登録者を抜かれるなど「オワコン」説まで出ていたほどでした。低評価の数も今では考えられないほどついていましたよね。

しかし蓋を開けてみると2018年、人気も好感度も完全復活していますよね。(もはや今は逆にはじめしゃちょーがオワコンと言われている状況w)

当時は確かに動画再生に伴う広告収入は激減したことは間違いないでしょうが、今や誰もが認めるNo.1YouTuberとなりましたね。

 

 

 

 

ヒカキンの年収は6億?

ヒカキンの年収は6億(3〜6億)なのではないかと言われていますが、まずはヒカキンの年収の収入内訳をみていきましょう。

 

⚫︎動画の広告収入

→動画が再生される度にYouTube(Google)から入る広告収入。トップのヒカキンの場合は他のYouTuberよりも広告単価が高い。

⚫︎企業案件

→スポンサーがついて、動画で企業の商品やサービスを紹介することでもらえる収入。チャンネル登録者の数によって企業案件の単価は変わる。ヒカキンの場合は言わずもがな、ばか高い。

⚫︎テレビ出演

→最近テレビにも起用されることが増えてきたユーチューバー。マホトに関してはレギュラーのお仕事ももらっているほど。ヒカキンはテレビ番組1本につき数百万のギャラをもらっているようです。(CMもやっていますよね)

⚫︎グッズの売り上げ

→所属事務所UUUMからヒカキンのグッズが販売されているが、もちろん売り上げの何パーセントはヒカキンの収入となる。UUUMクリエイターの中でもグッズの売り上げはトップクラスなのは言うまでもないでしょう。

⚫︎本の印税

→これまで3冊の本を出版しており、ほんの売り上げも良くかなりの印税が入った模様。特に1冊目の「僕の仕事はYouTube」は数十万部を超えるヒットを記録しているようです。

 

⚫︎CD売り上げやカラオケの印税

→兄のセイキンと音楽活動もしているヒカキン。Mステにも出演しており、CDの売り上げはもちろんDL数もすごいようです。カラオケで歌われる度に入る印税だけでも十分に生活できそうです。

 

⚫︎UUUMの執行役員

→ヒカキンはUUUMの事務所立ち上げの初期メンバーとして、現在最高顧問も務めています。これに関してはいくら貰っているのか未知数ですが、年収1000万ほどは固いでしょうね。

 

結論から言ってしまうと、ヒカキンの年収は間違いなく6億以上でしょう。

なんならYouTubeの広告収入だけで6億は超えているでしょう笑 もはや本人もプライベートでの金遣いはかなり質素なので、それだけの大金が入っても何も実感がないのでしょう。

記事の終盤でヒカキンの2018年の最新年収を推測(予想)していますが、ここの段階ではあえて”6億以上は間違いない”とだけご紹介しておきますね。

 

 



 

 

ヒカキンの年収にダウンタウン&さんま驚愕

ヒカキンといえば過去にダウンタウンの「はしご酒」に出演して、年収を暴露していましたよね。

その時の反応が上の動画で見ることができますが、ダウンタウンも坂上忍も反応が”マジ”でした笑 もはや驚愕とか嫉妬とか通り越して、引いてましたよね・・w

ダウンタウンの方が年収的にはまだ流石に上かと思いますが2人はコンビなので、一人当たりで稼いでいる年収はヒカキンの方が上なのかもしれません。

 

 

スクリーンショット 2018-05-30 12.38.19

ダウンタウンの他にも、あのさんまとも共演を果たしているヒカキン。

本人は自身の年収について「さんまさんの3分の1」と言っていますが、もちろんネタにしても(謙虚なヒカキンが)あのさんまさんの3分の1と言えるほど稼いでいるという風にも取れます。

さんまが所属している事務所との契約がわからないので実際いくら稼いでいるかはわかりませんが、待遇の良いUUUM所属のヒカキンは同レベルの年収を稼いでいる可能性も十分に考えられますよね。

 

 

 

 

ヒカキンの家賃

ヒカキンの年収を語る上で欠かせないのが、こちらの家賃についてです。

現在都内の高級マンションを2つ借りているヒカキンですが、なんと2つ目の家の方が家賃は高いようです。(上の動画で話しています)

部屋の間取りや都内の立地を考えると、どちらの家も間違いなく月100万以上の家賃でしょうね。この時点で少なくとも、毎月200万以上のお金が家賃に消えているということになります。(驚愕)

物欲や私欲のないヒカキンにとって良い動画を撮りたいために、普段生活する家に投資をしたようです。大金の使い方がヒカキンっぽいというか、本当にユーチューバという仕事が大好きなんだなというのが感じられますよね。

 

 

 

 

ヒカキンの最新2018年の年収は?

さてついに核心に迫ったヒカキンの「最新2018年の年収」についてですが、先に結論を言ってしまいましょう。

ヒカキンの2018年の年収は、ズバリ10億前後と推測されます。

もう意味わからない額ですよね笑 年収の内訳は、記事の序盤で紹介した通りとなっています。なぜ10億前後もお金を稼いでいるのかというと、ユーチューバーの収入源の種類の多さにありますよね。

仕組みはもはやテレビの芸能界と同じですが、今やネットの時代。若者はネットを利用する時間の方が圧倒的に多いし、テレビより濃いファンがついている印象です。(影響力はもはやテレビの芸能人を超えていますよね)

あとはやはり初期メンバーかつ最高顧問として、一緒に事務所を立ち上げたことも大きいです。お金周りのことはもちろん、会社を回すことにも携わっているので、芸能界のタレントたちよりかは遥かに会社(事務所)との距離が近いです。

勢いのある新しい業界(YouTube)はバブルの時はすごいということですよ・・(語彙力)

 

 

 

 

ヒカキンの彼女

彼女

ヒカキンの年収の凄さは十分に伝わったところで、やはり気になるのはそんな大金持ちヒカキンがどんな女性と付き合うのかということです。

ヒカキンの彼女なら間違いなくなんでも買ってもらえるし、何より人間として優しいのでそりゃもう間違いなく幸せになれるでしょうね。

ヒカキンと付き合えれば玉の輿どころの騒ぎじゃないので、まぁ世の女性はヒカキンを狙っている方も多いでしょう。が、しかし。なんとヒカキンは現在彼女はいないようです。(Twitterでも公言しています)

今は彼女を作ることよりも、仕事に専念したいというヒカキン。でも息抜きも必要かと思うので、個人的には愛人を五十人くらいは作って良い動画作りにつなげて欲しいですね・・←

 

 

 

 

ヒカキンの年収ランキング

(ちょっと見出しの意味がわからないですが気にしないでくださいw)

ユーチューバーでもし年収ランキングをつけるとしたら「1位はヒカキン、2位ははじめしゃちょー」ということになるでしょうね。この2トップは今後も続いていきそうです。

しかしこの年収ランキング1・2トップの2人に共通することは、どちらも私利私欲のためにお金を使わないということですよね。何にお金を使ったらいいのかわからないと言いますが、こういうところも人柄が出ているというか。(普通の人が大金手にしたら少しは変わってしまいそうですよね)

だからこそこの2人はYouTubeのトップを走り続けているのでしょう。

 

 

 

 

-ヒカキン
-, , , , , , , , , , ,

おすすめ記事